クレジットカード現金化との出会い

クレジットカード現金化業者選びのポイントはなんですか?

クレジットカード現金化業者はたくさんあるので悩む人は多い クレジットカードの現金化をしようと思った時に、楽でスピーディ

クレジットカードを使おう。

no_image

我が家の買い物はほとんどクレジットカードで支払いをします。メリットは当たり前ですが、便利だからです。銀行

クレジットカード現金化というのは違法性がないものなのでしょうか

カード会社が禁止事項に掲げているクレジットカード現金化ですが、ショッピング枠を利用して何を購入するのも自由ですし、購入し

クレジットカード現金化利用は詐欺罪や横領罪などに該当してしまう?

詐欺罪や横領罪などに該当してしまう?手軽にできる資金調達方法としてクレジットカード現金化を利用しているかたは少なくありませんが、常々グレーゾーンであることを指摘され続けていることはご存知でしょうか。

とはいえ、ショッピング枠の現金化をした利用者に逮捕者は出ていないのが現状です。しかし、違法性が気になるというかたも多いでしょう。

そこでクレジットカードの現金化の法律上の問題点を見ていきたいと思います。

現金化利用はカード規約違反

現金化利用はカード規約違反まず気をつけたいのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で利用することはカード規約違反であるということです。発覚をすれば利用停止、強制退会、利用した金額の一括支払いを命じられます。

しかし、これだけではクレジットカードを強制的に停止、退会をさせられたということで個人の信用情報に傷がつく以外、必ずしも刑罰が発生するということにはなりません。
クレジットカード現金化利用がカード会社に発覚したらどうなる?

規約に禁止とされている行為をしたのですから当然のペナルティではありますが、クレジットカード現金化の発覚で即逮捕ということではないという点は安心です。

罪に問われることもある

2011年に現金化業者が摘発されて以来検挙される店舗が増えてきてはいますが、優良店舗は営業を続けていますし利用者側の摘発は一度もありません。ですが、罪に問われる可能性のある行為でもあることを知っておかなければなりません。
カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁 都内の業者

カードを利用して購入した商品はクレジットカード会社が立て替えて手に入れたもので、支払いが完済するまでその品物の所有権はカード会社のほうにあります。それなのにその商品を現金化のために換金してしまうと、カード会社を欺いて現金を手に入れたことになってしまいます。

完済して所有権が購入者に移る前の物を売れば横領罪、カード会社を騙して禁止行為と知りながら現金化を行うことは詐欺罪に問われてしまうこともあるのです。

あくまでもグレーゾーンです

現金化に対してよく言われているのは「法律的にグレーゾーン」であるということです。現金化が発覚して捕まらなかったとしても、カード会社を欺いていることは間違いありません。

例がないとは言え被害届が出されれば言い逃れができない行為ですから、危険性を熟知した上で利用をするか決めるようにしてください。

人気炸裂クレジットカード現金化TOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.thisishow.org All Rights Reserved.