クレジットカード現金化との出会い

クレジットカード現金化業者選びのポイントはなんですか?

クレジットカード現金化業者はたくさんあるので悩む人は多い クレジットカードの現金化をしようと思った時に、楽でスピーディ

クレジットカードを使おう。

no_image

我が家の買い物はほとんどクレジットカードで支払いをします。メリットは当たり前ですが、便利だからです。銀行

クレジットカード現金化というのは違法性がないものなのでしょうか

カード会社が禁止事項に掲げているクレジットカード現金化ですが、ショッピング枠を利用して何を購入するのも自由ですし、購入し

クレジットカード現金化というのは違法性がないものなのでしょうか

カード会社が禁止事項に掲げているクレジットカード現金化ですが、ショッピング枠を利用して何を購入するのも自由ですし、購入したものの扱いの制限もありません。

ですから、法律上の違反を問題にするのは非常に難しいことであると言えます。

ただし、クレジットカードの現金化方式によっては現金化の手続きの中で危険性が高まることがありますから、仕組みについてはしっかりと把握しておく必要があります。

業者を利用した比較的安全なキャッシュバック方式

一つはショッピング枠で現金化業者が指定したものを購入し、特典として現金キャッシュバックを受けるという形で現金化を行う方法です。

現金キャッシュバック自体は家電量販店や携帯電話会社などでも実施していますから身近に感じるでしょう。法律上もこうしたサービスの受けられる対象が商品購入者全員である場合には、キャッシュバックの金額に制限は設けられていません。それを利用した現金化手段です。

そのため、80%を超えるような破格の還元率であっても法には触れないとされています。実際問題視されている一面もあるのですが、取締りが厳しくなると困ってしまうのは現金化業者だけではないために手出しができないという状態です。

気をつけたい買取方式

気をつけたい買取方式クレジットカードで購入したものを金券ショップ、リサイクルショップ等で売ることでも現金を得ることができます。

業者を通じて、また個人でも行えるこの買取方式の現金化ですが、一見問題がないように見えるこの行為には問題点があります。

まず一つが換金目的で商品を購入することがカード利用規約に反するということで、あまりにも換金率の高い商品ばかり買い続けていると調査が入る場合があります。

これ自体はあくまでも規約違反のみに留まりますが、違法性が出てきてしまうケースが完済していない商品を売りに出してしまった場合です。

一括でも分割払いでも支払いが済んでいない商品の所有権は、本人の代わりに支払っているカード会社側にあります。そんな商品を許可なく無断で売ってしまったら、横領や詐欺に抵触してしまう可能性もあるので気をつけなければなりません。
クレジットカード現金化利用は詐欺罪や横領罪などに該当してしまう?

捕まる可能性は低いが注意は必要

カード会社の規約違反で利用停止になった例は少なくありませんが、現金化利用した個人が逮捕された例はまだありません。

ただし、完全にクリーンというわけでもなく、あくまでもグレーゾーンに留まっていることを覚えておきましょう。

人気炸裂クレジットカード現金化TOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.thisishow.org All Rights Reserved.